ホーム / 活動プログラム / 冬の野外活動
  • スノーシューハイク
  • 歩くスキー
  • かまくら作り
  • ソリ
  • スノーキャンドル
  • 雪合戦

スノーシューハイク

皆さん、小さい頃「誰も踏み入れていない雪の上を歩いてみたい!!」と思ったことがあるはずです。
スノーシュハイクの醍醐味はまさにそれです!!
緑葉の季節とは違う一面真っ白な自然の中を、景色を眺めながら、また動物の足跡や冬芽を探しながら雪の上を歩くのは、とても贅沢な時間です。
猪苗代・裏磐梯には多くのスノーシューハイクに適した場所がありますが、その中からいくつかのコースのご案内をしたいと思います。
それ以外のコースにつきましては、直接、お問い合わせください。
また、スノーシューの貸出し希望の場合、「冬の貸出し用具申込み書」を送ってください。
「スノーシュー・歩くスキーを使用する研修について」「スノーシューの履き方」もダウンロードできます。

交流の家周辺のスノーシューハイク

交流の家周辺には、色々な動物がいます。
夏の時期には、動物になかなか会うことができないけれど、冬の時期だとその「あしあと」を見ることができます。
「あしあと」以外にも、「冬ならではのもの」がたくさんあります。
以下の「シート」をダウンロードして、それを見ながら雪の中を歩いて見ましょう!!

対象 小学生中学年以上
活動できる期間 1月上旬~2月下旬 ※積雪状況によっては3月中も可能
活動場所への移動時間(車)  
活動時間 1時間~2時間
事前準備する持ち物 長靴・防寒具・帽子・手袋等
交流の家で準備できる物 スノーシュー(要事前予約)
備考 研修指導員の依頼が可能です。(指導料が必要になります。)
※ 対象・活動時間・移動時間・活動可能な時期は参考です。個々の体力や能力、気温、天候等により変わってきます。
※ 冬の活動に関しては、積雪の状況によっては活動できない場合があります。

達沢不動滝スノーシューハイク

「達沢不動滝」は春夏秋冬でさまざまな顔を見せるため、雪のあるこの時期にもにぎわいます。

雪の中のブナの原生林・雪の中の雄大な滝は素晴らしいです。

ただ冬場は、すべてのコースを通して「駐車場」がなくなってしまうため、タクシーやバスを使う等の工夫が必要になります。

コースについては以下のトレッキングコース(雪のない時期のもの)をご覧ください。

「トレッキングコース」の「緑線」は、冬場スノーシューで歩くのは難しいです。

一番のお勧めコースは、「トレッキングコース」の

○ 紫線⇒黒線⇒青線⇒赤線往復⇒青線⇒色のついてない車道で神社までです。

このコースだと、ブナ林も、人が入らない雪原も楽しめます。

もう少し短いコースだと「青線-赤線」の往復がいいかと思います(冬場、青線に車は入れません)。

対象 小学生中学年以上
活動できる期間 1月上旬~2月下旬 ※積雪状況によっては3月中も可能
活動場所への移動時間(車) 50分
活動時間 2時間~3時間
事前準備する持ち物 長靴・防寒具・帽子・手袋等
交流の家で準備できる物 スノーシュー(要事前予約)
備考 少人数団体向き。研修指導員の依頼が可能です。(指導料が必要になります。)
※ 対象・活動時間・移動時間・活動可能な時期は参考です。個々の体力や能力、気温、天候等により変わってきます。
※ 冬の活動に関しては、積雪の状況によっては活動できない場合があります。

裏磐梯のスノーシューハイク

以下の写真、左から「イエローフォール」「小野川不動滝」「五色沼自然探勝路」「小野川湖上」です。

どのコースも、裏磐梯までの移動手段が必要になります。

[イエローフォール]

裏磐梯スキー場のリフトを使うためリフト代が必要。時間は3~4時間程度。

[小野川不動滝]

滝が凍ると青色になるため「ブルーフォール」と呼ばれています。駐車場所が狭い。1時間半~2時間半程度。

[五色沼自然探勝路]

冬場はヨシや木々の葉がないためよく見通せます。ただ、沼が凍ると色は楽しめません。3時間程度。

[小野川湖]

湖の上を歩けます。ただ、薄氷の時には降りないように。小野川不動滝とセットで行くといいです。

なお、詳細につきましては「裏磐梯ビジターセンター」のホームページをご覧ください。

※ ただ「登山トレッキングコースの紹介」は雪がない時期のものです。「裏磐梯NEWS」に積雪期のコースの様子がアップされます。




その他のスノーシューハイク

[名倉山] 入口は分かりづらく、駐車場所は狭いです。山頂から見える猪苗代湖・翁島は素晴らしいです。2時間~2時間半。

施設周辺

対象 小学生中学年以上
活動できる期間 1月上旬~2月下旬 ※積雪状況によっては3月中も可能
活動場所への移動時間(車)  
活動時間 経験の違いにより大きく異なる
事前準備する持ち物 防寒具・帽子・手袋等
交流の家で準備できる物 歩くスキーセット(要事前予約)
備考 研修指導員の依頼が可能です。(指導料が必要になります。)
※ 対象・活動時間・移動時間・活動可能な時期は参考です。個々の体力や能力、気温、天候等により変わってきます。
※ 冬の活動に関しては、積雪の状況によっては活動できない場合があります。

裏磐梯・中瀬沼

対象 小学生中学年以上
活動できる期間 1月上旬~2月下旬 ※積雪状況によっては3月中も可能
活動場所への移動時間(車) 50分
活動時間 経験の違いにより大きく異なる
事前準備する持ち物 防寒具・帽子・手袋等
交流の家で準備できる物 歩くスキーセット(要事前予約)
備考 研修指導員の依頼が可能です。(指導料が必要になります。)
※ 対象・活動時間・移動時間・活動可能な時期は参考です。個々の体力や能力、気温、天候等により変わってきます。
※ 冬の活動に関しては、積雪の状況によっては活動できない場合があります。

かまくら作り

雪のない地域の皆さんにとって、「かまくら」づくり、そして「かまくら」の中に入ることは、一度はやってみたい憧れの活動ではないかと思います。
作り方は、ご想像の通り「雪山を作って掘る」だけです。
積雪量が多ければ、雪山を作ったあとに斜め下に向かって掘っていくと比較的作りやすいです。
夜の時間にかまくらの中で「ろうそく」を灯すと、その光が雪に反射され幻想的な雰囲気になります。
時間の目安は、一人がしゃがんで入れる程度のかまくらであれば、人数や積雪量にもよりますが、1時間30分~2時間程度です。
雪山ができているところに、穴だけ掘るのであればもっと短い時間でできます。
5~6人入れるような大きなかまくらの場合は、1日作業になることもあります。
皆さんに、ぜひ体験してほしいなと思います。

対象 小学生中学年以上
活動できる期間 1月上旬~2月下旬 ※積雪状況によっては3月中も可能
活動場所への移動時間(車)  
活動時間 2時間~3時間
事前準備する持ち物 長靴・防寒具・帽子・手袋等 ランタンを使う場合 電池1つにつき単1×4本
交流の家で準備できる物 スコップ・スノーソー・ランタン・スノーダンプ(要事前予約)
備考  
※ 対象・活動時間・移動時間・活動可能な時期は参考です。個々の体力や能力、気温、天候等により変わってきます。
※ 冬の活動に関しては、積雪の状況によっては活動できない場合があります。

ソリ・スノーチューブ

雪での遊びといったら、まずこれ。
ソリ滑り!!
交流の家では、ソリの貸出しをしています。
交流の家内の「ゲレンデ(スキー場)」、もしくはふれあい広場付近の斜面を利用して、ぜひ楽しんでください。
そして皆さんの活動を見ていると、子どもよりも大人の方がはまってしまうケースも見られます。
雪のコンディションによって、状況は変わりますが、
滑りやすい日はとてもスリリング、そうでなくてもそれなりに楽しむことができます。
そりは、3人乗りの大きなものと、1人乗りの小さなものがあります。
スノーチューブは、色々な種類があります。
ぜひ皆さん楽しんでください。

対象 幼児から
活動できる期間 1月上旬~2月下旬 ※積雪状況によっては3月中も可能
活動場所への移動時間(車)  
活動時間 時間に合わせて活動出来る
事前準備する持ち物 長靴・防寒具・帽子・手袋等
交流の家で準備できる物 ソリ・スノーチューブ(要事前予約)
備考 貸すことができるソリ・スノーチューブの数には限りがあります。
※ 対象・活動時間・移動時間・活動可能な時期は参考です。個々の体力や能力、気温、天候等により変わってきます。
※ 冬の活動に関しては、積雪の状況によっては活動できない場合があります。

雪どうろう・スノーキャンドル作り

雪の中の「火」は、とても神秘的です。
光を反射させたり、ボンヤリとした光に変えたりと、「雪」と「火」の相性はとてもいいと思います。
「雪どうろう」や「スノーキャンドル」に、細かいマニュアルはありません。
雪山を作って穴を開けたり
雪のブロックを作って穴を開けたり
文字になるように並べたり、
雪球を並べてのドーム状にしたりして、
そこにキャンドルを灯します。
その場で見ても、少し高いところから上から見ても、とても幻想的で美しいです。
自由な発想で、色々なスノーキャンドルを作ってください。

雪合戦

「雪合戦」は、最近、共通のルールが定められ「スポーツ雪合戦」として徐々に広まっているようです。
「スポーツ雪合戦」は7人対7人で行うスポーツで、決められた時間内に相手の旗をとるか、相手チームを全滅させると「勝ち」です。
よって、大人数の団体での活動には不向きです。最大40人程度であれば、入れ代わりでやっていただいてストレスがないかなと思います。
「スポーツ雪合戦」に興味のある方、「簡単なルールと概要」と「雪玉製造器を使った 雪玉の作り方」は、以下のファイルをダウンロードしてご覧下さい。

事前や当日に職員によるルール説明やアドバイスを希望する場合、事前にご連絡ください。
会場設営などは団体でやっていただくため、少し準備が大変です。
もし、1時間~2時間程の活動時間であれば、自然の中(林の中など)で「雪合戦」をすると、準備も手間も少なく、楽しい活動になるのではないかと思います。
自然の中でやるときにも「スポーツ雪合戦」の要素も加えて、相手チームのフラッグをとるか、相手チームを全滅させたら勝ちとすると、勝敗のはっきりしたメリハリのある雪合戦になります。

対象 小学生以上
活動できる期間 1月上旬~2月下旬
活動場所への移動時間(車)  
活動時間 時間に合わせて活動出来る
事前準備する持ち物 スキーウェア・手袋・帽子等雪中活動できる服装
交流の家で準備できる物 雪合戦道具一式(雪玉製造機・壁・ヘルメット・フラッグ等)
備考 大人数には不向き(20~40人程度)
※ 対象・活動時間・移動時間・活動可能な時期は参考です。個々の体力や能力、気温、天候等により変わってきます。
※ 冬の活動に関しては、積雪の状況によっては活動できない場合があります。
PAGE TOP
 食堂/アレルギー
0242-62-2530
bandai@niye.go.jp