ホーム / 活動プログラム / 登山
  • 磐梯山
  • 安達太良山
  • 雄国沼
  • 達沢不動滝
  • 五色沼散策
  • 天鏡台
  • 猪苗代歴史探訪
  • ナイトハイク

交流の家は磐梯山の麓にあるため、
交流の家を利用する方で磐梯山登山をする方はたくさんいます。

交流の家を利用する方がよく選ぶ3つのコース「八方台コース」「交流の家コース」「翁島コース」をご紹介します。
※磐梯山には、この3コースの他に4つのコースがあります。
それぞれのコースを往復していただいても大丈夫ですし、登るコースと下りるコースを変えていただいても楽しいかと思います。
ただ、それぞれのコースごとに「難易度」「かかる時間」「登山口までの移動手段」等、色々違います。
活動に適したコースをお選びください。

八方台登山口コース

八方台登山口の標高が1200mなので、 山頂との標高差は約600mと もっとも高低差の低いコース。 そして、一番たくさんの人が利用するコースです。 登山口には広い駐車場と、トイレがあります。 ただ、コースの途中は森の中を歩く場面が多く、見晴らしがいいところは少ないです。 登山初心者の方にはお勧めのコースです。

対象 小学校高学年以上
活動できる期間 6月~10月
活動場所への移動時間(車) 40分
活動時間 6時間
事前準備する持ち物 救急用品・雨具・帽子・タオル・行動食・水・適した靴・デイバック等
交流の家で準備できる物 熊よけ鈴・地図
備考 磐梯山登山で一番使われるコースです。比較的登りやすい。

※ 対象・活動時間・移動時間・活動可能な時期は参考です。個々の体力や能力、気温、天候等により変わってきます。

交流の家登山口コース

磐梯山のコースの中で、一番距離が長いコースで、特に前半の、猪苗代スキー場の登りが急で大変かと思います。 メンバーの体力を考えて選んでください。 ただ、コースは磐梯山の色々な表情を見ることができて面白いコースです。 そして、交流の家から歩いて往復できるということもあり、登山後に磐梯山を見ると「あそこまで歩いたんだ…」と達成感が湧いてきます。

対象 中学生以上
活動できる期間 6月~10月
活動場所への移動時間(車)  
活動時間 8時間
事前準備する持ち物 救急用品・雨具・帽子・タオル・行動食・水・適した靴・デイバック等
交流の家で準備できる物 熊よけ鈴・地図
備考 途中、猪苗代スキー場を登る。

※ 対象・活動時間・移動時間・活動可能な時期は参考です。個々の体力や能力、気温、天候等により変わってきます。

翁島(押立)登山口コース

磐梯山のコースの中で、猪苗代湖を背に歩き続ける唯一のコース。 天気がよければ見晴らしは最高です。 そして、磐梯山まで一直線で山道を登っていくようなコースであるため、急登が続きます。 途中、大きな岩をよじ登るようなところもあるため、小学生の小さなお子さんは大変かもしれません。 また、道が狭く休む場所も広くないため、多人数での登山には不向きなコースです。

対象 中学生以上
活動できる期間 6月~10月
活動場所への移動時間(車) 15分
活動時間 7時間
事前準備する持ち物 救急用品・雨具・帽子・タオル・行動食・水・適した靴・デイバック等
交流の家で準備できる物 熊よけ鈴・地図
備考 少人数団体向き。

※ 対象・活動時間・移動時間・活動可能な時期は参考です。個々の体力や能力、気温、天候等により変わってきます。

安達太良山は、高村光太郎の『智恵子抄』にも出てくるため名前を聞いたことがある人も多いかと思います。

西側斜面の沼ノ平にある広大な爆裂火口の激しい様子と、東側斜面の穏やかな薬師岳・五葉松平の様子と、相反する地形が一つになった面白い山です。
特に、秋、紅葉の安達太良山は絶景です!!
安達太良山もいくつかのルートがありますが、2コースご案内します。
大きな団体で安達太良山を登る際、よく使われるのが、「岳登山口」から登るコースです。
ゴンドラもあるため、非常時の対処も想定しやすいです。
下山でゴンドラを使う団体も多いです。
もう一つが、「沼尻登山口」です。
沼尻スキー場を車で上がったところに登山口があります。
天気がよければ、景色等素晴らしいですが、初心者の方だと大変かもしれません。
団体の経験・体力・人数、天候や季節を考慮して、コース選びをしてください。

岳温泉コース

岳温泉コースは、薬師岳へ向かう道と、勢至平方面(くろがね小屋方面)へ登る道があります。
登山目的の場合、コース状況や天候、体調が問題ない場合は、勢至平の方を登り、薬師岳のゴンドラを下りてくる方が多いようです。
場合によっては、ゴンドラで上がり、勢至平の方から下りてくる方もいます。
なお、ぜひ「あだたら自然探勝路」を通ってください。沢沿いの素晴らしい景観の道です。

対象 小学生高学年以上
活動できる期間 6月~10月
活動場所への移動時間(車) 1時間
活動時間 6時間
事前準備する持ち物 救急用品・雨具・帽子・タオル・行動食・水・適した靴・デイバック等
交流の家で準備できる物 熊よけ鈴・地図
備考 途中までゴンドラがあります。(要予約)

※ 対象・活動時間・移動時間・活動可能な時期は参考です。個々の体力や能力、気温、天候等により変わってきます。

沼尻登山口コース

安達太良山の「沼ノ平(左の写真)」を一周するコースで、安達太良山の様々な面を見ることができる素晴らしいコースです。
道はしっかりしていますが、崖のギリギリのところを通ったり、道幅も広くはない道を歩いたりと、登山に不慣れな方や大人数での登山には不向きなコースかもしれません。
また、大きな車(マイクロバス等)は登山口まで入るのは難しいです。
ただ、そのことを差し引いても、ぜひ一度は歩いてほしいと勧めたくなる最高のコースです。

対象 中学生以上
活動できる期間 6月~10月
活動場所への移動時間(車) 40分
活動時間 7時間
事前準備する持ち物 救急用品・雨具・帽子・タオル・行動食・水・適した靴・デイバック等
交流の家で準備できる物 熊よけ鈴・地図
備考 少人数団体向き。危険個所が多々あります。

※ 対象・活動時間・移動時間・活動可能な時期は参考です。個々の体力や能力、気温、天候等により変わってきます。

雄子沢往復のコース

雄国沼の雄子沢往復のコースは、多くの方が利用するコースです。特に6月下旬はニッコウキスゲが咲き乱れ(左写真)、登山口の駐車場に車を停められないほどです。
コースは比較的なだらかな林の中のコースなので、多少の雨であれば雨具を着てトレッキングをする団体も多くあります。
雄国沼までのんびり歩き、雄国沼でゆっくりと休憩をとるというのもいいかなと思います。

対象 小学生中学年以上
活動できる期間 6月~10月
活動場所への移動時間(車) 雄子沢口50分
活動時間 5時間(雄国沼で休憩をとる時間も含め)
事前準備する持ち物 救急用品・雨具・帽子・タオル・行動食・水・適した靴・デイバック等
交流の家で準備できる物 熊よけ鈴・地図
備考  

※ 対象・活動時間・移動時間・活動可能な時期は参考です。個々の体力や能力、気温、天候等により変わってきます。

猫魔ヶ岳

八方台登山口と猫魔ヶ岳の山頂の標高差は約200mで、登りやすい山です。
その先の猫石(左写真)からの雄国沼の眺めは素晴らしいので、猫魔ヶ岳往復を考えている方も「猫石」まで行くことをお勧めします。
猫石から雄国沼までは、なだらかな下りですが滑りやすい道です。また、何箇所か沢を横切るところがあるため、大雨の後、残雪が残ってる時期は先に進むのが大変な場合も出てきます。

対象 小学生中学年以上
活動できる期間 6月~10月
活動場所への移動時間(車) 雄子沢口50分、八方台40分
活動時間 5時間
事前準備する持ち物 救急用品・雨具・帽子・タオル・行動食・水・適した靴・デイバック等
交流の家で準備できる物 熊よけ鈴・地図
備考  

※ 対象・活動時間・移動時間・活動可能な時期は参考です。個々の体力や能力、気温、天候等により変わってきます。

達沢不動滝と原生林ハイキング

「達沢不動滝」は、この近隣でもっとも有名で、もっとも雄々しい滝ではないかと思います。
そして、春夏秋冬を通してたくさんの人が訪れます。
左の写真は、「夏の不動滝」と「冬の不動滝」です。
また達沢は不動滝だけではなく、人里近くにもかかわらず「ブナの原生林」がある珍しい場所としても知られています。
「達沢のブナ林は神聖なもので切ってはいけない」という教えが代々伝わっていたために、原生林が残ったそうです。
そして、不動滝周辺には原生林を歩くハイキングコースもいくつかあります。
ただ、ハイキングコースの道の広さ、休憩場所の広さ、多くの方が訪れるということを考えると、多人数には不向きなコースです。(多くても40~50名程度でしょうか…)
また、バスだと駐車場までは入れません。

対象 小学生低学年以上。コースを短くすれば幼児でも可能。
活動できる期間 5月中旬~11月
活動場所への移動時間(車) 40分
活動時間 1.5時間
事前準備する持ち物 救急用品・雨具・帽子・タオル等
交流の家で準備できる物 熊よけ鈴・地図
備考  

※ 対象・活動時間・移動時間・活動可能な時期は参考です。個々の体力や能力、気温、天候等により変わってきます。

五色沼散策・裏磐梯トレッキングコース

「五色沼自然探勝路」は、この周辺で一番有名なトレッキングコースです。
磐梯山は、1888年に大噴火しました。
そのときに、岩や土砂によって、裏磐梯の川がせきとめられ「裏磐梯湖沼群」が形成されました。
そして火山性物質の影響で「五色沼」は、その名の通り、それぞれの沼ごとに鮮やかな特徴的な色を見ることができます。
またその噴火は磐梯山の北側斜面で起きたため、磐梯山は南側から見ると「穏やかな山」、北側から見ると爆裂火口の見える切り立った「荒々しい山」と、全く違う姿になっています。
そして「五色沼自然探勝路」以外にも、裏磐梯には「荒々しい磐梯山」を望むことのできるたくさんの「トレッキングコース」があります。
「五色沼」「裏磐梯」のトレッキングコースについては、以下のリンクから「裏磐梯ビジターセンター」のホームページの「登山トレッキングコースの紹介」をご覧下さい。

対象 小学生低学年以上。コースを短くすれば幼児でも可能。
活動できる期間 5月中旬~11月上旬
活動場所への移動時間(車) 30分
活動時間 2時間
事前準備する持ち物 救急用品・雨具・帽子・タオル等
交流の家で準備できる物 熊よけ鈴・地図
備考  

※ 対象・活動時間・移動時間・活動可能な時期は参考です。個々の体力や能力、気温、天候等により変わってきます。

天鏡台ハイキング

天鏡台ウォークラリーのコースを歩くハイキングです。
交流の家から北西に2.5kmくらい歩くと、「天鏡台(昭和の森)」という広い自然公園があります。
そこを目的地に、行って休んで帰ってくると約半日(3時間程度)かかります。
「天鏡台」は、猪苗代湖がすごくきれいに見える公園です。
「天を映す大きな鏡のような湖」という意味を込め、猪苗代湖のことを「天鏡湖」と呼んでおり、それがよく見えるので「天鏡台」とのことです。
晴れた日の景色は最高です。
また、コースの途中、磐梯山もとてもきれいに見えます。
「天鏡台」からの景色、堪能してください。
以下の「天鏡台ハイキングコース図(ウォークラリーのコース図と同じものです)」を参考にしてください。

対象 小学生低学年以上。コースを短くすれば幼児でも可能。
活動できる期間 5月~11月上旬
活動場所への移動時間(車)  
活動時間 3時間
事前準備する持ち物 救急用品・雨具・帽子・タオル等
交流の家で準備できる物 熊よけ鈴・地図
備考 天鏡台ウォークラリーコースをハイキングする。

※ 対象・活動時間・移動時間・活動可能な時期は参考です。個々の体力や能力、気温、天候等により変わってきます。

猪苗代歴史探訪ハイキング

猪苗代歴史探訪ウォークラリーのコースを歩くハイキングです。
磐梯青少年交流の家にある福島県会津地方は、幕末・そしてそれ以前の歴史の舞台となった場所が多くあります。
そして、ここ猪苗代町にも史跡は多くあります。
特に会津松平家初代藩主であり、徳川家3代将軍家光の異母弟である「保科正之公」に関わるお墓や神社があります。
また、全長10kmを越えるコースで、全て歩くと1日(休み時間も入れ、4~5時間程度)かかります。
ぜひ、猪苗代の史跡を回り、当時の様子を思い浮かべていただければと思います。
以下の「猪苗代歴史探訪ハイキングコース図(ウォークラリーのコース図と同じものです)」と「猪苗代歴史探訪ガイド」を参考にしてください。

対象 小学生中学年以上
活動できる期間 5月~11月上旬
活動場所への移動時間(車)  
活動時間 5時間
事前準備する持ち物 救急用品・雨具・帽子・タオル等
交流の家で準備できる物 熊よけ鈴・地図
備考 猪苗代歴史探訪ウォークラリーコースをハイキングする。

※ 対象・活動時間・移動時間・活動可能な時期は参考です。個々の体力や能力、気温、天候等により変わってきます。

ナイトハイク

夜、暗い中でするハイキングです。
ただ「肝試し」とは、少し違います。
電気のない夜の森は真っ暗です。
「夜は暗い」というのが、本来の「自然の姿」です。
その「暗さ」を体験すること、それも一つの「自然体験」です。
暗いと視覚以外の、感覚が鋭敏になり、普段気付かない「音」や「におい」、「風の流れ」などを感じることができます。
引率の方が同行する場合には、途中立ち止まって、明かりを消して、声も音も出さない時間を作ると、より効果的だと思います。
ただ、普段のハイキングよりも危険を伴います。
充分な準備と下見(できれば明るいときと暗いとき)をするようにお願いします。
昼間、みんなで一度、ナイトハイクのコースを歩いて、再び夜に歩くというのもいいかもしれません。

対象 小学生低学年以上。コースを短くすれば幼児でも可能。
活動できる期間 4月~11月
活動場所への移動時間(車)  
活動時間 1.5時間~2.5時間(実施の仕方、コースで時間調節は出来ます)
事前準備する持ち物 救急用品・雨具・懐中電灯等
交流の家で準備できる物 地図
備考

※ 対象・活動時間・移動時間・活動可能な時期は参考です。個々の体力や能力、気温、天候等により変わってきます。

PAGE TOP
 食堂/アレルギー
0242-62-2530
bandai@niye.go.jp